スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

サンディーズ 番外編

先週泊まった裏磐梯のサンディーズ
今まで訪れたペットペンションと趣きが全く違ったので
番外編でご紹介したいと思います。

到着してすぐに手を洗おうと洗面所に入ったら
あまりにおしゃれでまずびっくり。
正面の壁には3色の石がびっしりと敷き詰められ洗面台は一枚板。
トイレはタンクレス。
用をたす所でここまで凝っているとは・・・。

DSC01167_convert_20111110203241.jpg

部屋にはデザイナーズ物であると一目でわかる
シンプルで品の良い椅子やテーブル。
さりげなく置かれていた鉄のオブジェ。
犬がイタズラする可能性があったとしても
オーナーが好きな物またお客様が心地よくなれることを
優先して揃えているのが一目瞭然。

DSC01174_convert_20111110215440.jpg
DSC01183_convert_20111110203721.jpg

皆が集うサロンには鉄製の薪ストーブ
そしてここにもデザイナーズ家具と照明が。

DSC01185_convert_20111110221750.jpg

お風呂場には石鹸シャンプーのパックスナチュロンと
自然派化粧品のMARKS&WEBの2種類置いてあったり
犬用の足ふきタオルは「これは人間用では?」と思ってしまうほど
ふかふかのフェイスタオルを使用。

朝食も大皿に盛るようなことはせず
梅干1つのためだけにもきちんと器が用意されていました。
醤油入れ楊枝入れも各テーブルごとにデザインが違います。
料理は市販品を出すような事は無くオーナーが吟味した素材を
丁寧に下ごしらえして調理した印象。
特に晩に出された「蓮根饅頭の湯葉あんかけ」はとても美味しかったので
作り方を聞けばよかった、と後悔しています。
朝食後のお茶。湯のみが可愛かったなぁ。

DSC01315_convert_20111110204036.jpg
DSC01319_convert_20111110204120.jpg

懐中電灯やトイレットペーパーなど備品1つにしても「妥協しない」という
オーナーの強いこだわりが随所に表れているペンションでした。

掃除も行き届いていて毛1本落ちていませんでした。
犬を飼っている方ならわかると思いますが、これって大変なことですよね。
興味があったので掃除機のメーカーを聞いたらドイツ製のミーレとのこと。
階によって使い分けているそうです。

犬用の備品は一切ありません。(コロコロのみ常備)
犬用は耐久性や価格優先なのでデザインが秀逸なものは少ないからかな。
確かにこの宿にプラスチック製品は似合わない。

DSC01335_convert_20111110204350.jpg

残念なのはHPがイマイチなこと。
読みづらいし、載っている写真では
部屋や料理の良さが伝わってきません。

室内のどの場所でも居心地がよくリラックス出来ます。
ペットペンションって「汚されること」「壊されること」を前提に
家具や備品を揃えていて「おしゃれ」「素敵」など人間の快適さは後回し。
宿泊客もそれを「仕方無い」と妥協するが多いのですがここは違いました。
「大人のためのハイセンスな宿」とHPに書いてありますが、その通りだと思います。
季節を変えてもう一度訪れてみたいです。


取材を受けているのでこちらご参考にして下さい。
(ここも写真はイマイチ)


お帰りの際、ポチッとお願いします。
  ↓ ↓ ↓
フレンチブルドッグひろば

スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [2] | Category [旅行] | 2011.11.11(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


本当におしゃれなペンションですね。すごく落着きそうです。
でも宿泊は2日間までのようですね。長期滞在したい感じなんですけれどねーー。
あ、でもお財布がもたないかな(^.^;)

サンディー君、ゆったりした感じでいいですね。セントバーナードは昔から
大好きな犬種ですけど、カリフォルニアでは暑すぎて無理かしら?
執事さん、乳母さん、コタロウ君、みんな大満足で良かったですね!

朝食でこんなに盛りだくさん、いいな!

2011.11.13(Sun) 15:02 | Morning Beauty [URL] | 編集 | ▲PageTop

このペンションはとても居心地が良かったので
もっと詳しくご紹介をしたくて
番外編を作ってしまいました。

サンディー君はちゃんとしつけ教室に通ったこともあり
礼儀正しいです。
しつけ教室のなかでも優秀な成績だったそうです。
セントバーナードは山岳救助犬なので
カリフォルニアではムリかも^^;。
東京で飼うのと福島で飼うのとでは寿命が違う、と
オーナーの方も話していました。

2011.11.14(Mon) 10:15 | コタロウ乳母 [URL] | 編集 | ▲PageTop

 プロフィール

Kotaro0816

Author:Kotaro0816
'09年8月16日生まれ
皺無し、鼻高、歯並び良しの
フレブルっぽくない小顔の♂犬
執事は理数系のほがらかな人
乳母は江戸っ子の専業主婦



'09年10月に仙台でコタロウと出会う
'12年2月東京~ '13年7月千葉~
コタロウは転勤族の一員として友達作りに励む日々



ブログ担当は執事、コメント担当は乳母がしております(╹ω╹)

 応援のポチをお願いします
フレンチブルドッグひろば
フレンチブルドッグひろばへGO!
 カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 最新記事
 最新コメント
 アクセスカウンター
 オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 カテゴリ
 リンク
 月別アーカイブ
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。